ネタメモ

Read Article

コーヒー豆の保存期間は? 保存方法は冷凍がオススメ?

豆の保存方法 生活情報
紅茶やワインと同様にこだわりを持っている方も多いコーヒー。しかし、常識と思っていたコーヒー豆の保存期間や保存方法が間違っている可能性も!?ここでは、より美味しくコーヒーを楽しむためのコーヒー豆の保存期間、保存方法についてお話ししていきますね。


スポンサーリンク

コーヒー豆の保存期間について

冷凍保存の仕方 コーヒー豆を保存するとき、どのような方法で保存されていますか?袋の口をクルクル巻いてクリップで留めただけ…なんてのはNG!!コーヒーの専門家たちは冷蔵庫や冷凍庫での保存をオススメしています。

専門家によって考え方は違いますが、3週間~1ヶ月ほどで飲み切る場合は冷蔵庫保存、1ヶ月以上の長期保存する場合には冷凍庫保存が良いという考え方が多いようです。冷蔵庫での保存期間は豆のままで1~2ヶ月、粉の場合で2~3週間、冷凍庫での保存期間は、豆のままで約3ヶ月、粉の状態で約1ヶ月を目安にされると良いでしょう。

冷凍保存がオススメの理由

豆の保存期間 コーヒー豆を冷凍保存することを特に勧めている専門家もいます。これは冷蔵庫での保存はコーヒーの脱臭作用によって庫内のにおいがコーヒーにうつってしまったり、コーヒーを淹れたときに冷蔵庫内のにおいがしてしまうことがあるからです。

冷凍庫は冷蔵庫より空気の回りがゆっくりでにおいを吸いにくいそうですよ!!また、焙煎後のコーヒー豆の水分含有率は約1%なので凍る心配は無用、解凍の必要もナシ♪ただし、冷凍庫から出して時間が経つと温度上昇により劣化してしまうので、すぐに挽く・淹れるようにしてくださいね!

より美味しいコーヒーを楽しむためには保存期間や保存方法も大切ですよね。ぜひこちらを参考に、コーヒー豆の保存期間や保存方法を見直してみてくださいね☆

Return Top