ネタメモ

Read Article

【花粉症】2016の症状について!のどや咳の症状は?

花粉症2016 花粉情報
2016年の花粉症は、暖冬の影響もあり 例年より早目に花粉が舞い始めるので、花粉症の方は早目に対処する事が好ましいです。また症状が軽く自分でも気づかないうちに花粉症にかかっている事があります。

多くの場合は風邪と勘違いしてしまいがちですが、心当たりのある方は風邪と花粉症の違いをチェックしてみて下さい。


スポンサーリンク


花粉症2016の症状は?

喉の痛み 花粉症の主な症状は、目と のどのかゆみと無色透明のサラサラした鼻水です。頭痛を伴う場合もある事から風邪と勘違いしやすいのですが、高熱や下痢、嘔吐、寒気のような症状が出る事はありません。

のどや咳の対処法について

花粉対策 しかし花粉症はのど花粉が付着してかゆみが出ます。そして鼻水の影響から鼻詰まりを起こして口呼吸を行い、唾液が少なくなりのどが乾燥して咳が出ます。

その上、のどが乾燥し続けると のど粘膜が炎症を起こして咳がひどくなり、これが悪化すると風邪になります。この のどや咳の症状を少しでも早く抑えたければ、通常の花粉対策に加えて室内の加湿と のどの保湿を重要点的に行うと良いでしょう。

花粉症はある日突然発症するので、症状に心当たりや不安のある方は 悪化する前に病院を受診して、初期の段階で投薬や対策をする事で長く苦労せずにすみますし、悪化して風邪になる事もありません。

Return Top