ネタメモ

Read Article

【大石寺】桜2017の見頃はいつ?ライトアップや出店情報は? ※富士宮市

大石寺の桜 桜2017情報
大石寺は日蓮正宗の総本山で、日蓮の弟子でもあった日興により日蓮没後に創建された寺院です。静岡県の富士宮市に存在し、歴史的にも創建が古く、境内には国の重要文化財の五重塔や県の有形文化財の建物を数点所有しています。

境内の広さは約70ヘクタールに及び、広大な広さを誇る境内が圧巻です。なお大石寺の魅力は、5,000本に及ぶソメイヨシノと枝垂れ桜が有名で、特に境内に入った塔中にある枝垂れ桜は景勝地として知られています。他に境内を流れる潤井川沿いや常灯ヶ峰の桜は、県内でも有名で多くの観光客やカメラマンも訪れるほどです。


スポンサーリンク


桜の見ごろやライトアップ情報

⇒ 大石寺の桜【動画】

桜2017の見頃としては、例年4月上旬から中旬にかけてが見頃で、今年は全国的に暖冬の影響もあり、早めに開花が予想されます。

4月10日前後が見頃の目安となり、平日や休日などでは観光客でも賑わいます。なお大石寺では毎年4月6日・7日には寺の行事として、霊宝虫払大法会が開催されるため、一般客は境内に入ることが出来ない状況となります。

それ以外にも随時、境内に入ることが出来ない日もあるため、大石寺の桜を楽しむ上では事前に静岡県観光課にお問い合わせをすることが望ましいです。また駐車場、ライトアップや出店情報については、大石寺に直接、お問い合わせをすると良いです。ちなみにライトアップ自体は寺院の境内であることで、特に行なわれておらず、寺院が主催するさくら祭りなどは開催されません。出店情報についても主に参拝客のための出店が揃っています。一般客も参拝客が利用する出店を使うのが一般的です。

Return Top