ネタメモ

Read Article

【プチ断食】 2日目の効果や体調はどう?

プチ断食の効果 健康情報
プチ断食ですが、一般的には1日目~2日目に好転反応で体調が悪くなるという場合が多いです。体に溜まっている老廃物や毒素が体外に排出されている証拠だとも言われています。

好転反応として症状が出るのは、腰痛、喉の腫れ、吹き出物、肩こり、頭痛、めまい、吐き気・嘔吐等が考えられます。


スポンサーリンク

好転反応が出る理由は?

断食の好転反応 どうして好転反応が出るのかと言いますと、プチ断食をすることによって全身の細胞に蓄積されていたコレステロールやプラーク、中性脂肪などの老廃物が崩壊するからです。全身の血液に崩壊した老廃物が流れていき、肝臓や症状などにも流れ込むことで新陳代謝の過程で好転反応が起こるのです。

一時的に汚れた血液が全身を回ることで好転反応が起こるので、逆に言えば好転反応が起こらなければ断食の意味が無いとも言えます。好転反応が無いということは、体の中の悪い毒素が流れ出た実感がまるでないという風にも言えます。

2日目に体調がおかしいと思っても、それは体が良くなる前兆だから良いことだと前向きに捉えましょう。体重が落ち始める場合もありますが、水分が抜けるだけで2~3キロは違ってきますので本当に痩せたい場合には戻らないようにまだまだ工夫が必要な段階です。

Return Top