ネタメモ

Read Article

胃潰瘍はマヌカハニーで改善できる?効能や飲み方について

マヌカハニーの効能 健康情報
皆さんは「マヌカハニー」という食べ物をご存知でしょうか?マヌカハニーとは名前の通りはちみつの事を指しますが、日本では「胃潰瘍に効果的」として話題となりました。高い高殺菌力を持つはちみつであり、幅広い胃腸疾患をマヌカハニーで改善する事が出来るとの研究結果も出ているのです。

今回は胃潰瘍をマヌカハニーで改善する事が出来るかどうか?についてをお話しすると共に、詳しい効能や飲み方についてをご紹介していきます。


スポンサーリンク


胃潰瘍をマヌカハニーで改善!

胃潰瘍 ピロリ菌 マヌカハニーの特徴として「ピロリ菌に対して有効」という事が挙げられます。ピロリ菌とは日本人の約半数以上が感染している胃の中の細菌の事で、胃潰瘍や胃炎、十二指腸潰瘍などを発生させる原因にもなっています。

実際にマヌカハニーを使ったピロリ菌への効果の実験では、数年に渡り抗生物質などで症状を抑えてきた胃腸疾患に対してマヌカハニーを使用した所、瞬く間に改善へと向かったという結果も報告されている程であり、これまで胃潰瘍に対して悩んできた方にとってマヌカハニーは救世主の様な存在であると言えるのです。

マヌカハニーの正しい飲み方

胃潰瘍の治し方 胃潰瘍をマヌカハニーで改善する為の正しい飲み方は【空腹時にティースプーン3~4杯を食べる】という事。これが一番効果的な飲み方になります。

基本はそのまま食べる事でピロリ菌への効果を発揮しますが、はちみつ自体が苦手…という方はヨーグルトや紅茶、コーヒーなどと一緒に召し上がって頂くのも効果的な飲み方です。食べるのに効果的なのは食前の1時間前と、寝る前の1時間前の1日2回が目安。空腹時に食べる事がマヌカハニーの効果を実感しやすいのでお勧めです。

Return Top