ネタメモ

Read Article

亀戸天神社の藤まつりがスゴイ!! ライトアップの時間やアクセスは?

藤まつり 日程 イベント情報
亀戸天神は学問の神様である菅原道真公が祀られ、受験生やその家族がお参りすることで有名ですが、4月下旬からゴールデンウィークにかけては藤の花が見事に咲くことでも有名です。この季節には毎年「藤まつり」が行われ、多くの人でにぎわいます。

ここでは、藤まつりの開催期間や亀戸天神のアクセス方法をご紹介していきますね!


スポンサーリンク


亀戸天神社の「藤まつり」について

⇒ 亀戸天神社の藤まつり【動画】

2016年の亀戸天神社の藤まつりは4月16日から5月5日まで学業講祭と合わせて行われます。その間、江戸囃子や茶会、相撲甚句など、多くの行事が行われ、日本全国のみならず、世界から多くの人が訪れるのです。境内には100株以上15棚の藤があふれ、藤色だけではなく、白や淡い黄色の花の房が咲き誇ります。それぞれの色の見ごろが少し違うところもまた楽しいのです。

心字池に映る姿や淡い香りがすばらしく、鑑賞する人たちで週末には大混雑になることが予想されます。混雑を回避するためには、平日の朝の時間帯がおすすめです。本殿の開門は朝6時なので、早起きをして訪れれば混雑することはなく、池の水面に揺れる花の姿や、太鼓橋からスカイツリーをバックにした藤棚の美しさを思い切り堪能できます。

また、ライトアップされる夕方から夜もおすすめです。ライトアップの時間は夕方の日没から午後24時まで、ライトに照らしだされた花の房は幻想的で、昼間とは異なる趣があります。

亀戸天神までのアクセス方法は?



亀戸天神までのアクセスはJR亀戸駅北口から徒歩15分ほど、商店街をぶらぶらと歩いているうちに到着します。JRや東京メトロ錦糸町駅北口から歩いても、同じくらいで到着します。都バスなら、亀戸天神前のバス停で下車してすぐです。

受験生や合格のお礼参りの方はもちろん、見事な藤の花を楽しみに、よい時間帯を選んでぜひ訪れてみたいものですね。

Return Top