シナモンスティックの使い方とは?おすすめレシピと再利用について

シナモンスティック コーヒー トレンド

シナモンスティック 使い方

トレンド情報
オシャレなカフェで温かいドリンクを注文した時に添えられていることがあるシナモンスティック。しかし、「使い方がイマイチ分からない…」という方も多いのでは?

ここでは、シナモンスティックの使い方や効能などをご紹介していきますね♪

シナモンスティックの使い方は?

シナモンスティック コーヒー

シナモンはスリランカやインドなどの熱帯各地で栽培されており、甘みの中にわずかな辛みがあるのが特徴!シナモンの木の樹皮をはぎ取ってコルク層を除去して乾燥させたものをくるくる巻くとシナモンスティックが出来上がります。

シナモンスティックがコーヒーと一緒に添えられて出てきた場合は、スティックでコーヒーを数回かき混ぜるとシナモンのスパイシーで深い甘みがついたコーヒーを楽しむことができます。

自宅でシナモンスティックを使ったコーヒーを楽しみたい場合は、コーヒーポットの中にスティックを入れて置き、上からドリップしたコーヒーを落としてシナモンの豊かな風味をしっかりつけて楽しむ方法もあります。

シナモンの風味づけはお好みで、軽めの風味がお好きな方は早めにシナモンスティックを取り出すとよいですよ。

また、焼きリンゴを作る時に芯をくり抜いたリンゴの中央にバターと一緒に差し込んで焼いたり、シチューやカレーなどの煮込み料理にも使うことができます。

シナモンスティックとパウダーの違いは?

シナモンスティックはシナモンの木の樹皮からできているのはご存知かと思いますが、スティック状のものとパウダー状になったものがあります。

その違いですが、スティックは、樹皮を乾燥させクルクルと筒状に巻いたもので、パウダー状のものはそのシナモンの樹皮を乾燥させて粉末状にしたものです。どちらもドリンクに溶けることはありません。

シナモンパウダーは、砂糖が一緒に配合されたシナモンシュガーという調味料としても販売されています。シナモンシュガーもトーストやドリンクの風味つけに便利に使えておすすめです。

シナモンの効能や効果について

シナモン 摂取量

シナモンは胃腸内の健康を保ってくれるほか、血流の改善やむくみ予防、鎮痛剤の役割などがあります。また、ダイエット効果や生理症状の緩和、ニキビの撃退など女性に嬉しい効果も!!

ただし、シナモンの過剰摂取は肝機能に影響を与える可能性があるので、1日約3g程度にしておきましょう。妊娠中や授乳中の方も摂取を控えてくださいね。

シナモンスティックは食べてもいいの?

シナモンの効果がいろいろわかってきましたよね。では「シナモンスティック」そのものは食べても大丈夫なんでしょうか?「頭痛緩和などの用途で漢方にも使われているから食べても大丈夫」「1本くらいなら」という意見もあるようですが・・・。答えは「やめておいたほうがいい」です。

もちろん、スパイスとして少量ずつ摂ることには、問題もなく効果を得ることができるはずです。数千年の歴史がありますよね。でもスティックをガリガリかじるような過剰な摂り方に対する結果のデータはとられていません!なかには、肝障害のリスクがあるとの報告も!

シナモンスティックで雰囲気を楽しむのもいいですが、粉末のシナモンでも効果はあります!過剰摂取しない程度で、香りを楽しむようにしましょう♪

シナモンスティックを使ったレシピ3選

こちらではシナモンの香りや風味を楽しむことができるレシピを3つ紹介します。スパイシーなコク深いシナモンの香りを存分に引きだし、食材からも豊かな旨味がさらにプラスされるようなシナモンスティックの使い方がされていますよ♪

■チャイプリン

チャイプリン

シナモンスティックをそのままチャイと一緒に楽しむのも美味しく頂けますが、それをそのままデザートにしちゃいました。チャイの優しい甘さのなかにスパイシーなシナモンが楽しめるプリンです♪

【材料】2人前

  • 水 200ml
  • シナモンスティック 1本
  • クローブ 2粒
  • カルダモン 2粒
  • 茶葉(お好みの紅茶) 小さじ1
  • キビ糖or砂糖 大さじ3
  • 粉ゼラチン 5g
  • 水 大さじ2
  • ホイップクリーム 少々(トッピング用好みで)
  • シナモンシュガー 少々(トッピング用好みで)

【作り方】

  1. 鍋に水200mlとシナモンスティック、クローブ、カルダモンを入れて火にかけ、沸騰したら茶葉を入れ5分ほど煮だします。
  2. 続けて、牛乳とキビ糖を加え混ぜ、沸騰する前に火を止め、粉ゼラチンを大さじ2の水でふやかしておいたものを加えて溶かします。
  3. 全てキレイに混ぜ合わせたら、茶こしで濾し、プリンの容器に入れます。
  4. しばらく置いて冷めたら、ラップをかけ冷蔵庫へ入れて冷やし固めます。
  5. 好みでよいですが、ホイップクリームやシナモンシュガーなどでトッピングして出来上がりです♪

■りんごの砂糖煮

りんご 砂糖煮

シナモンの香りはフルーツとも相性が良くて一緒に入れて風味豊かなプリザーブを作るのもおすすめです。よりりんごの甘さを引き立ててくれるシナモンスティックを使って果実感たっぷりのプリザーブを作ってみませんか♪

【材料】

  • りんご 3個
  • レーズン 60g
  • 砂糖 100g
  • レモン汁 大さじ1
  • シナモンスティック 1本

【作り方】

  1. りんごは皮をつけたまま芯を取って八つ切りにし、5ミリ幅くらいでイチョウ切りにします。
  2. 切ったりんごを鍋に入れて砂糖、レモン汁を加えてざっと混ぜ合わせ30分ほど置いておきます。
  3. やがて、りんごから水分が出てきたら、レーズンとシナモンスティックを入れて弱火で20分ゆっくり煮ます。
  4. 煮汁がなくなりなべ底が見えてきたら火を止めて、冷めたら出来上がりです。

■ジンジャーエール

ジンジャエール

生姜が決め手のジンジャーエールですが、他にもスパイスが入っていて自分で作るのはなかなか難しそうなイメージがしますが、実は自分で作ることもできますよ。スパイスの量も好みで増やしたり、減らしたりしてオリジナルジンジャーエールを楽しみましょう♪

【材料】

  • 生姜 2個
  • レモン 1個
  • 鷹の爪 2~3本
  • クローブ 5個
  • シナモンスティック 2本
  • 三温糖 1キロ
  • 水 1,500cc
  • 炭酸水(割る用) 適量

【作り方】

  1. 生姜は千切りにし、レモンを大きめにスライスして準備しておきます。
  2. 鍋に水1,500ccと全部の材料を入れ火にかけます。
  3. 沸騰したら、弱火にして15分~20分ほど煮だします。
  4. 火を止めて冷まして、茶こしなどで濾したらジンジャーシロップの出来上がりです。炭酸水で割って飲むと美味しいジンジャーエールが楽しめますよ♪

シナモンスティックは再利用できる?

シナモンスティックの再利用は衛生面よりオススメできません。

しかし、ドリンクをかき混ぜた程度であれば、濡らしていない部分のみを折って使うことができます。内側に水分が残っていると、カビが発生する恐れがあるのでご注意くださいね!!

シナモンスティックを買うならココ

ちょっと素敵な喫茶店などに行くとコーヒーや紅茶の横に添えられたシナモンスティックを見かけることは多いですが、普段なかなか見かけない珍しいスパイスです。

そのため、手に入れたいけど、どこで購入できるのか?やコーヒーに添えられているシナモンスティックを食べてしまったけど大丈夫でしょうか?という相談を耳にします。

シナモンスティックは、スーパーなどだと香辛料のコーナーや製菓材料のコーナーなどに置いてあることがあります。それでも見つけることができなければ、ネット通販で購入できますよ。

またシナモンスティックの使い方が分からなくて食べてしまった場合ですが、少量を口にする分には特に問題ありませんが、大量摂取すると肝障害などを引き起こす恐れがあるという研究結果があるので気をつけましょう。あくまでも香りづけ、風味付けとして楽しんでくださいね♪