ネタメモ

Read Article

シナモンスティックの使い方や効能とは?再利用はできる?

シナモンスティック 再利用 トレンド情報
オシャレなカフェで温かいドリンクを注文した時に添えられていることがあるシナモンスティック。しかし、「使い方がイマイチ分からない…」という方も多いのでは?

ここでは、シナモンスティックの使い方や効能などをご紹介していきますね♪


スポンサーリンク


シナモンスティックの使い方は?

シナモンスティック シナモンはスリランカやインドなどの熱帯各地で栽培されており、甘みの中にわずかな辛みがあるのが特徴!シナモンの木の樹皮をはぎ取ってコルク層を除去して乾燥させたものをくるくる巻くとシナモンスティックが出来上がります。

コーヒーや紅茶、チャイ、ホットワインなどの飲み物をシナモンスティックで数回かき混ぜて使うのが一般的な使い方です。また、焼きリンゴを作る時に芯をくり抜いたリンゴの中央にバターと一緒に差し込んで焼いたり、シチューやカレーなどの煮込み料理にも使うことができます。

続きではシナモンの効果や効能、シナモンスティックの再利用についてご紹介していきますね♪

シナモンの効能や効果について

シナモンの効果 シナモンは胃腸内の健康を保ってくれるほか、血流の改善やむくみ予防、鎮痛剤の役割などがあります。また、ダイエット効果や生理症状の緩和、ニキビの撃退など女性に嬉しい効果も!!

ただし、シナモンの過剰摂取は肝機能に影響を与える可能性があるので、1日約3g程度にしておきましょう。妊娠中や授乳中の方も摂取を控えてくださいね。

シナモンスティックは食べてもいいの?

シナモンを食べる シナモンの効果がいろいろわかってきましたよね。では「シナモンスティック」そのものは食べても大丈夫なんでしょうか?「頭痛緩和などの用途で漢方にも使われているから食べても大丈夫」「1本くらいなら」という意見もあるようですが・・・。答えは「やめておいたほうがいい」です。

もちろん、スパイスとして少量ずつ摂ることには、問題もなく効果を得ることができるはずです。数千年の歴史がありますよね。でもスティックをガリガリかじるような過剰な摂り方に対する結果のデータはとられていません!なかには、肝障害のリスクがあるとの報告も!香りの成分、「シンアムアルデヒドは胎児に良くない影響がある」という動物実験もあるそうですよ。ですので、「医薬品のようなもの」ととらえるのがいいのではないでしょうか?

シナモンスティックで雰囲気を楽しむのもいいですが、粉末のシナモンでも効果はあります!過剰摂取しない程度で、香りを楽しむようにしましょう♪

シナモンスティックは再利用できる?

シナモンスティックの使い方 シナモンスティックの再利用は衛生面よりオススメできません。しかし、ドリンクをかき混ぜた程度であれば、濡らしていない部分のみを折って使うことができます。内側に水分が残っていると、カビが発生する恐れがあるのでご注意くださいね!!

ドリンクをかき混ぜる以外にもいろいろ使えるシナモンスティック、ぜひ試してみてください♪

Return Top