ネタメモ

Read Article

酢玉ねぎの作り方や効果・食べ方について ※NHKためしてガッテン

酢玉ねぎ 健康食品
NHKためしてガッテンをはじめ、健康の情報番組や雑誌でも たびたび紹介されている【酢玉ねぎ】!! 健康のために取り入れたい人は多いみたいですが、「酢玉ねぎ」として販売はされていないので自分で作る必要があります。

ここでは、NHKためしてガッテンの酢玉ねぎの作り方や効果をご紹介します! 作り方もとても簡単なので、ぜひ最後までチェックしてくださいね♪


スポンサーリンク

酢玉ねぎの効果・効能とは?

酢玉ねぎ NHKためしてガッテンでも紹介されている【酢玉ねぎ】には、血流を良くしたり、腸内環境の美化、ダイエット効果、疲労回復などの効果が期待できます。

酢にもさまざまな健康効果がありますし、玉ねぎ自体にも 動脈硬化や高血圧の予防、不眠や便秘の解消、コレステロールを減らすなどの効果があるため、酢玉ねぎにすることで 酢と玉ねぎのそれぞれの効果を得ることができます♪

酢玉ねぎの作り方について

酢玉ねぎ 酢玉ねぎの作り方は簡単です♪ ここでは、NHKためしてガッテンでの作り方をご紹介しますね!

酢玉ねぎの作り方
①玉ねぎ(中1個)を軽く洗い、皮をむきます。

②皮をむいた玉ねぎを薄くスライスし、水にさらすことはせずに15分以上そのまま置きます。

③水にさらさずに15分以上置いた スライス玉ねぎと、お酢大さじ5、お好みで蜂蜜大さじ1.5〜2を容器に入れます。

④このまま冷蔵庫に一晩保管すれば出来上がり♪

酢玉ねぎは、一晩おいて食べても良いですが、2〜3日程度寝かせることで食べごろになります。
酢玉ねぎ 作り方が簡単な酢玉ねぎは、そのまま食べても良いですし アレンジも可能です!
トマトなどのサラダに入れたり、ワカメに乗せると酢の物になるので、いろいろな食べ方が楽しめますよ♪

酢玉ねぎの食べ方はコチラ

酢玉ねぎ 酢玉ねぎは加熱して食べることもできます♪ 加熱により血流を良くする【硫化アリル】の働きは失われますが、代わりに 胃の粘膜保護や胃の血流を良くする働きのある【プロピルメルカプタン】の効果が得られるようになります。

また、酢玉ねぎは冷凍もできます。冷凍する場合はミキサーにかけてペースト状にすることが必要ですが、ペースト状にしたら製氷皿などに入れて冷凍庫に入れます。 氷になった酢玉ねぎはドレッシングに入れたり、味噌汁などに入れても良いです。

冷凍することで2ヶ月程度は保存できるようになるので、玉ねぎを大量に消費したい場合はオススメですよ♪

Return Top