ネタメモ

Read Article

【熱田神宮】初詣2017!!駐車場や混雑、営業時間について

熱田神宮 初詣2017
熱田神宮は名古屋南部にある歴史ある神社で、伊勢神宮についで権威があるといわれています。パワースポットとしても人気の熱田神宮の初詣に行ってみませんか?ここでは、熱田神宮の初詣2017の駐車場や混雑、営業時間についてご紹介します!


スポンサーリンク


熱田神宮の初詣2017が人気

熱田神宮 初詣 今から1900年前に建てられたという【熱田神宮】。24時間お参りできて、本宮の他にも45の社がおまつりされています。初詣になると屋台も出て「身動きがとれない…」ということもあるようです。

しかも2017年1月5日からは商売繁盛を祈る「初えびす」が始まり、福熊手などをもとめる人出が更に加わります。「三が日にこだわらない」という方は4日が比較的空いているでしょう。あと、神社ですのでペットを連れての参拝は避けてくださいね!!

熱田神宮の駐車場情報は?



熱田神宮には駐車場がありますが、12/31~1/5は駐車不可となります。しかも、三が日は交通規制が行われます。熱田神宮のホームページには車両通行禁止区間の地図があるので参考にしてくださいね♪どうしても車で行きたいという方は、距離をあけた場所の駐車場を見つけておきましょう。近すぎると身動きがとれなくなるかもしれないので注意が必要です!!

おすすめは、電車。熱田神宮は名鉄の「神宮前」駅から徒歩3分、JR熱田駅からも近いんです。車でも、手前の駅前で駐車してから、電車に乗り換えるワザはいかがでしょうか♪

熱田神宮の混雑状況はどう?

熱田神宮の混雑状況 例年正月三が日で200万人を超えるという熱田神宮。人出のピークは大晦日12/31の除夜の鐘の鳴るころから午前3時頃となっています。もちろん、三が日の日中もかなりの人出となります。境内に入ってお参りするまで、行列で1時間以上待つこともあるかもしれません!!小さいお子さんやお年寄りがおられる場合、心配ですよね。

比較的すいているのは朝一番から9時までの間か、日没から夜遅くの時間帯だといわれています。社務所や屋台が閉まっている場合もありますが、早朝にお参りし、開くのを待つ、というのはいかがですか?早起きして、お正月の時間を有効に使うと、ご利益バッチリかもしれませんね♪

Return Top