ネタメモ

Read Article

【伏見稲荷大社】初詣2018の屋台や参拝時間、駐車場について

伏見稲荷大社 初詣2017
京都の伏見にあるお稲荷さんといえば、【伏見稲荷大社】ですよね。赤い千本鳥居が有名で、最近は外国人観光客の一番人気とも言われています♪ 全国のお稲荷さんの総本宮として、初詣も大人気!

ここでは、伏見稲荷大社の初詣2017の情報をご紹介していきますね♪


スポンサーリンク


伏見稲荷大社の初詣2017が人気!

伏見稲荷大社 初詣 伏見稲荷大社は京都だけでなく、全国から250万人以上の人が初詣に訪れます。

1月1日の朝6時からは本殿で「歳旦祭(さいたんさい)」という神事が行われ、年越しと元旦の日中は非常に混雑して参拝に何時間もかかることもあるそうです。お子さん連れやお年寄りがおられる場合は時間を選んだほうがよさそうですね。2日以降も人出は多く、5日12時から行われる「大山祭」までは賑わうそうなので、早朝の参拝がおすすめです♪

もし千本鳥居に行きたいという方は、歩きやすい靴で行ってくださいね。

伏見稲荷大社の参拝時間は?

初詣の参拝時間 伏見稲荷大社では、初詣の期間中 24時間いつでも参拝できるようになっています。また、三が日は お守りや絵馬の販売所も24時間営業になっているので 時間を気にしなくて良さそうです。

屋台・出店情報はコチラ

屋台の出店情報 初詣の後は、屋台や出店も気になりますよね♪伏見稲荷大社の屋台・出店は2月2日まで出ているそうなので、混雑を避けたい方はいいですね。

また、伏見稲荷大社の名物といえば「スズメの丸焼き」です♪ビックリされる方もおられますが、上品な焼鳥でおいしいと評判なんですよ。興味のある方は「ウズラの丸焼き」もあるので挑戦してみてください!!

伏見稲荷大社の駐車場情報



伏見稲荷大社は車で京都駅から5kmほどの位置にあります。無料駐車場がありますが、1月1日~5日はほぼ使用できません。また、周辺にも5日まで交通規制が敷かれます。

電車では「JR奈良線」稲荷駅または「京阪電車」伏見稲荷駅となり、徒歩でOK。どうしても車で、という方は少し離れますが、JR、京阪ともに「六地蔵」駅に駐車し、電車に乗り換える、というルートがあるそうです♪

伏見稲荷大社は外国人の参拝者も増え、2016年の初詣はさらなる人出が予想されます。混雑を避けるには4日以降か、朝早めにお参りするといいでしょう♪

Return Top